ウェブデザインに関して2

スマホ対応の大切さ

今ではスマホでサイトを見る人が80%前後になっているといわれており、PC中心からスマホ中心にウェブデザインをすることが主流になっています。レスポンシブデザインについて

どのような違いが起きるかというと、スマホは隙間時間で見られる傾向があるため短時間で情報が把握できたり、画面が小さくてもサービスが利用しやすい工夫が必要になります。また、スマホからSNSやラインなどを通して、発信する情報やサービスが外へ展開されることも見越して施策を考えましょう。

スマホの普及で、デジタルに触れる時間が大きく増えています。良いコンテンツやサービスを作ることで、デジタルを通して自分たちの活動範囲外でも十分に広がっていくことでしょう。